新着情報

北海道神宮開拓神社大みこし渡御にご参加頂きまして誠にありがとうございました!

                 

ようこそ和っしょい北開道のホームページへ!

和っしょい北開道とは

http://jp.fotolia.com/id/32235874 ©NOBU
http://jp.fotolia.com/id/32235874 ©NOBU

 「心の輪」「人と人のつながり」を  表現した和っしょい北開道のマーク。

マークと法被のデザインは世界的デザイナー  コシノジュンコさんです。

 

「和っしょい北開道」は、平成18年北海道神宮開拓神輿神社のみこし渡御において市民参加の窓口として、北海道観光振興機構 会長 坂本 眞一 氏を代表に結成されました。

 

平成20年には、4.5トンもの開拓大みこしを台車に乗せ、北海道神宮から道庁までの間をオリジナルの法被を着た市民参加者の人力で引き、みこしを担ぎ練り歩くお祭りを実施しました。担ぎ手ではなく、「引き手」を募集したことで、子どもやお年寄りまで参加することができ、従来敷居が高く感じられ、一般市民の参加が難しかったみこしに多くの市民が参加できました。

「開拓功労者の祭祀を行い、功労を次世代に受け継ぐためにおこなわれる」祭典目的の達成に大きく寄与させて頂くことが出来ました。

 

  祭りに参加したいが方法が解らない、みこしを担ぐ体力はないが祭りに参加したい という方々にも広く門戸を開く窓口となるべく、地域における祭典へ市民参加を広げる活動を行い、祭り参加のすそ野を広げるために活動を続けております。   

 

和っしょい北開道のFacebookもチェックしてください!